シニアライフを謳歌している20匹の「わんばさだー」たちがアイテムの使用感を発信

シニア犬に特化したメディア「Qooppy」は、より多くの方にシニア犬と暮らす魅力をお届けするため、幸せに暮らしている可愛いシニア犬たちを“わんばさだー”に起用し、シニアライフで役立つアイテムのリアルな使用感をそれぞれのInstagramアカウントで紹介してもらう、「わんばさだープロジェクト」を開始致しました。
皮膚をいたわるケア用品や、体に優しい食品など、繊細なシニア犬でも使えるアイテムを販売している企業は、2021年10月まで、無料で「わんばさだープロジェクト」に参加することができます。

「Qooppy」は、シニア犬の介護に詳しい獣医師による暮らしのアドバイスや、飼い主たちのリアルなライフハックを紹介する、シニア犬に特化したメディアです。シニア犬の暮らしをより良いものにするため、そして高齢になった犬が飼育放棄されるようなケースを減らし、中高齢の保護犬を迎えたいと考える人を増やすため、兼ねてからシニア犬と暮らす魅力を発信して参りました。

シニア犬飼い主のほとんどは愛犬の飼育に関して不安や悩みを抱えており、情報交換のために他の飼い主との繋がりが強く、SNS上でのコミュニケーションも盛んです。Qooppyが実施したアンケートでも、「愛犬が高齢になったことで不安を感じたことがありますか?」という質問に対して、97%の人が「はい」と回答しています*。わんばさだープロジェクトでは、そうした課題意識を抱えている飼い主の中でも特に意識が高く、影響力のある飼い主にピンポイントで商品をサンプリングすることが可能です。そのため、同じような悩みを抱えている人たちの共感を得やすく、リアルなアイテムの使用感やメリットを届けることが可能です。

*回答者数:1,785名、調査実施日:2021年7月13日、調査手法:Instagram上でのアンケート

■「Qooppy」について

Qooppyは、ポジティブな世界観で愛犬のシニアライフをサポートする情報サイトです。介護や闘病が必要になるシニア期を、明るく前向きに過ごすためのさまざまなヒントを発信しています。

■「わんばさだープロジェクト」について

年をとっても病気になっても幸せに暮らしている11歳〜19歳のわんばさだーたちが、アイテムのリアルな使用感をSNSで発信します。小中型犬が中心なので、ぶつかり防止アイテムや自宅ケアに関するアイテムは紹介しやすいです。無料プランではミニマムでのサンプリングが可能なので、対象が限られる介護ハーネスや単価の高いシニア犬用ベッドなどの商品も対応できます。

  • 料金:プランは20万円、30万円、50万円(税別)の3タイプをご用意していますが、2021年10月までは初回限定で0円でお試し頂けます。
  • お申込方法:以下のアドレスまでご連絡ください。
    info@qooppy.com
  • URL:https://qooppy.com/wanbassador/

■本件に関するお問い合わせ

info@qooppy.com
M&m代表 竹田 祐佳